La del Terreno 2018 ラ デル テッレーノ
5fe538408a4572556eed52e2

La del Terreno 2018 ラ デル テッレーノ

¥3,520 税込

送料についてはこちら

土着品種モナストレルがla del terreno(この土地のもの)と地元民に認識されているためワイン名に冠しました。 淡い色調のパープルガーネット、フランボワーズやブラックチェリー、カシスやバニラの香り。柔らかく上品な口あたりが広がり、タンニンも心地よく絶妙なバランスに仕上がっています。 産地:スペイン・ムルシア 品種:モナストレル95% アイレン、マカベオ5% 開放桶で醸した後フリーランジュースをセメントタンクで発酵、マロラクティック発酵後、5 ヶ月熟成。 ■造り手:ラ・デル・テッレーノ (以下、インポーター情報) フリア・カサド・マルコ、1984年9月28日マドリードで生まれまし た。実はフリアはチェロ奏者、音楽家からワイン醸造家に転向した珍しいキャリアの持ち主です。10歳の時から20年間もの間、音楽しか知りませんでした。大学では自然が好きなので農業工学を専攻しましたが、彼女の生活は音楽一辺倒でした。余りに熱中する為、実はご両親が現実的な生活を考え、他の道を進めたのです。そこで興味があったのがナチュラルワイン、美味しい物を食べる事・飲む事が好きなフリアはワイン造りをする事を決意し、アリカンテの大学で醸造学を学びました。そしてその後、ドイツのファルツで醸造を実践しました。そして自分のワインを造る為、2010年に故郷のスペイ ン、ムルシアに戻ります。 2013年「パイサノス」というブドウ畑を借り、ナチュラル栽培を始めました。フリアその者が非常にナチュラリスト、愛嬌があり憎めないタイプ。実は最初のアポは会えず、2回目の訪問でやっと会えたのです。彼女に「ごめんね」とキュートに言われてしまえば、そんなハプニングも思い出の1つに変わってしまいます。一見華奢ですが、非常に強い精神と情熱の持ち主。女性一人でワイナリーを立ち上げるのはかなりエネルギーが要りますが、フリアはまるでチェロでも弾くように簡単に奏でるのです。しかし非常に頭が良く理知的でフェアな感覚の持ち主。彼女の目標は明確で、よりピュアなワインを淡々と自分のペースで造り続ける事です。食文化を通して人々を結び付けたい!との思いがこのワインを飲めば伝わってきます。 アメリカ・ドイツ・フランス・スイス・イギリス・ベルギーに輸出され、本場スペインでは人気上昇中です。