À Boire Kipik Vin Mousseux 2019 ア ボワール キピック ヴァン・ムスー
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

À Boire Kipik Vin Mousseux 2019 ア ボワール キピック ヴァン・ムスー

¥3,080 税込

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

アルザスの注目若手生産者!チリに移住するため、アルザスでのワインはこれが最後?!かもしれません。 オレンジ帯びたイエロー色、金柑やアプリコット、すりおろしリンゴの香り、アタックは力強くドライで引き締まった酸とアプリコットの香りが拡がりをみせてくれます。 産地:フランス・アルザス 品種:シルヴァネール50、ピノブラン50% 2 品種をプレスしグラスファイバータンクで 1 ヶ月発酵し 10 月上旬にティラージュ、ルミアージュを施しながら瓶内発酵・熟成、ノンドザージュでデゴ ルジュマン。 ■造り手:バジル・ウェール (以下、インポーター情報) バジル・ウェールは、アルザスのBlienschwiller村で1992年6月5日に生まれました。2006 ~ 2010年はアルザスの高校で勉強した後、モンペリエの大学に進学。その後ディジョンの大学に進学、学生時代の間の2015年に妹さんとチリ・アルゼンチンへ旅行。その時に色んなワイナリーの情報を集めました。 そして2016年と2017年にチリでフランス人のLouis‐Antoineのワイナリーで収穫のお手伝いをします。Louis‐Antoineは、マルセル・ラピエールでワイン造りを学び、馬で畑を耕しブドウを栽培しワインを造っております。そこには150年クラスの古い樹齢のブドウがゴロゴロあるそうです。 同時に2016年にはブルゴーニュのDomaine de Chassorneyドメーヌ・ド・シャソルネイで働き、ナチュラルワインの醸造を学びました。そして自分のワインを本格的に造るため、アルザスに戻ります。最初は畑を購入する事は無理なので2018年にネゴシアンを設立。同時に2月から隣の村のDomaine Julien Meyerドメーヌ・ジュリアン・メイエのパトリックのスタッフとして働き始めます。 まだまだ独り立ちには大変ですが、パトリックが沢山助けてくれて徐々に大きく成長する予定です。