{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

Arrosoir 2021 アロゾアール (じょうろの意)

4,730円

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

2つの品種、2つの土壌から生まれる軽快なロゼ。品種の個性としての赤い果実がチャーミングな印象に仕上がっている。畑の横を流れる川の影響で非常に乾燥に強い区画の為、arrosoir (水やりのジョーロ)の名の通り瑞々しく、喉の渇きを潤してくれるような仕上がり。白の延長線で楽しめる愛らしくクリーンな辛口ロゼ。 ※当店はナチュラルワインの品質を保つため、1年を通してクール便にて配送いたします。 ※店舗在庫と連動している為、ご注文後商品が欠品・完売となる場合がございますので予めご了承ください。 カテゴリ:ロゼ 産地:フランス・ルーション 品種:品種 シラー50%、グルナッシュノワール50% 9月初旬に同時に収穫、同時にダイレクトプレス。ステンレスタンク発酵、マロラクティック後に極少量のSO2を添加。 ファイバータンクで5ヵ月熟成。カルシスト土壌のシラーと砂利の混じる粘土質土壌のムールヴェードル。 ■造り手:ラ バンカル 生産者であるバスチャン バイエは、この地方の若手のなかでも特に他の生産者からの評価が高い。泥だらけの服と車、それほど社交的ではない雰囲気。まるでペイザン ( 農夫 ) のようだ。「営業とかサロンとか、苦手なんだよね。畑が 1 番だな。」 そう話す彼は、醸造の仕事すら煩わしいほど、奥さんのセリーヌ共々とにかく畑が 好きなようだ。 彼らのワインは、いわゆる薄旨系とか言われそうな流行りのスタイル。しかし、マセラシオンカルボニックによる嘘みたいにフルーティなワインとは 一線を画す。軽さと酸を得る為に、比較的早目の収穫。それでも果実を感じさせるバランス感覚。驚くほどアロマティックな白や、軽やかなのに複雑味のある赤。大 変シンプル。さらにこの数年は、とても綺麗な仕上がりが印象的だ。 素朴なペイザンの印象の裏には、驚くほど深い地質学や土壌に関する知識と考察がある。現地では、営業下手のペイザンのワインは、常に取り合いだ。 (以上インポーター情報)

セール中のアイテム